福岡アールスキンケアクリニック

0120-781-710

シワ・たるみの改善

原因は“紫外線”と“乾燥”老化だけが原因じゃない!

シワ(しわ)・たるみの原因は老化による肌機能の低下が考えられます。
外的要因では「紫外線」と「乾燥」が大半です。
紫外線は、肌の真皮層の弾力成分であるコラーゲンエラスチンを劣化させます。

また肌が乾燥すると、角質層の表面が乾いて剥がれやすくなり隙間ができてきます。
この隙間から、表皮の水分が蒸発し、皮膚が薄く硬くなり、小ジワができてしまいます。
肌が薄くなってくると、肌がたるんだように見えてきます。

たるみ・シワの発生部位と注入部位

シワ(しわ)・たるみの種類と治療法

たるみは、コラーゲンやエラスチンが劣化することで、肌が下がってくる状態です。たるみにより生じたシワが、たるみじわで、目の下や法令線、口元などの部位に表れます。
たるみじわは、RF(高周波)のエネルギーを合わせ持つスーパーマトリックスIRでの治療を行います。これらは幅広い波長を持ち、繊維芽細胞に熱エネルギーを加えて、コラーゲン・エラスチンの生成を促し、たるみやシワを改善します。

また、最新版のスーパーオーロラ・スーパーマトリックスIRをコンビネーションしたパーフェクトセットでの治療も行います。当院の治療はサーマクールでたるみの改善の効果がない方にも好評です。また、この治療は痛みを伴うため塗る麻酔を20分〜30分おこない、治療時間は30分程度です。

サプライムとモチーフIRは、サーマクールと同じようにして、皮膚の深層に熱を入れ、皮膚の中間層のたるみにマトリックスIR、皮膚の中間層〜深層のたるみにモチーフIR、浅層のたるみにスーパーオーロラ(SR・SRA)のたるみ改善の波長をいれることによって、皮膚の3層に熱が入り、今までサーマクールやウルセラでたるみ改善の効果を実感できなかった方におススメです。

最新版としてHIFUのウルトラフォーマーの6mmとSMAS(筋膜)にとどく4.5mmと3mm、2mmの4DHIFUにより、フェイスリフト以上のたるみとリフトアップ効果があります。
当院のHIFUには最強のウルセラと6mm、2mm、1.5mmのHIFU最新版ウルトラフォーマー3の2種類のHIFUで患者様の状態によってコンビネーション治療ができます。そうすることで、手術に近いフェイスリフト効果を出せるのは、九州では当院のみです。

施術例 たるみじわ施術例 たるみじわ
三原総院長も当院のレーザー治療で若返っています!

表情じわは、顔面の筋肉の収縮(眉間にシワがよったり、目を細めたり)によって起こるシワで筋収縮が戻れば消えるシワです。
特に目元は皮膚が薄いのでシワになりやすいです。
表情じわは、ボトックスでの治療を行います。ボトックスはボツリヌス菌を注射することによって、筋肉の収縮を弱めるので、表情じわに効果があります。
効果の出方には個人差がございますが、注射後、約1週間で効果を実感できます。

通常冷やしながら施術を行いますが、痛みに弱い方には、あらかじめ表面麻酔(20分程度)をすることも可能です。
治療時間は10分〜15分程度です。

ちりめんじわとは、皮膚表面にできる細かいちりめん状のシワです。肌の乾燥、光老化(紫外線による肌の老化現象)、角質肥厚によるものがほとんどで、目の下にできやすいと言われています。
ちりめんじわは、RFとダイオードレーザーの2種類のエネルギーをあわせ持つサプライム・モチーフ・スーパーマトリックスIRでの治療を行います。これらは幅広い波長を持ち、繊維芽細胞に直接的な刺激を与え、コラーゲン・エラスチンの生成を促しシワを改善します。

HIFUの1.5mmと2mmで表面に超音波のエネルギーを加えることでちりめんじわを改善します。

美容医療機器以外の治療では、水光メソスキン(AAPE)療法があります。加齢によって「あなたが失った若い肌」を文字通り戻すことが可能な、当院でしかできない再生医療に基づいた注入療法です。

施術例 目じりの小じわ施術例 首のしわ

よくあるご質問

治療の効果はどのくらい持続しますか?
1回の治療でも3ヶ月ほど効果は持続しますが、初めての方は3週間〜1カ月に一回のペースで3〜5回治療をされた方が
より効果が持続します。