福岡アールスキンケアクリニック

0120-781-710

症例紹介 シミ・そばかす

紫外線による皮膚の老化現象

”シミ(しみ)・そばかす”とは、後天的にメラニンが表皮の一部に過剰にたまってしまった状態です。
シミの色は薄茶色で、メラニンが増えれば増えるほどシミは濃い色に変わります。
くすみは皮膚の変化です。肌のターンオーバーの周期は本来1か月ですが、皮膚の老化により、肌のターンオーバーが長くなり、くすみとなります。更に紫外線を浴びる時間が長くなると、皮膚の表面に浮き出てシミとなります。

アジア人(日本人)は、肝斑+日光黒子+アザの合併が白人よりも多く、約7〜8割が潜在的にシミ・肝斑・アザ(遅発性太田母斑)を持っております。
その他、紫外線や精神的なストレス、肌に合わない化粧品が原因でシミができることもあります。

しみ・そばかすが一般的にできる部位

シミの種類と治療法

老人性色素斑(日光黒子)シミは、30歳代以降、加齢に従い出現してくるシミです。紫外線を受けることででき、比較的濃い茶色で輪郭がはっきりしているシミです。
老人性色素斑(日光黒子)シミは、主にスーパーオーロラ(SR・SRA)でのシミ光治療を行います。シミ治療用のジェルを塗り、IPL(インテンスパルスライト)とRF(高周波)をシミに照射していきます。IPLによりシミに反応させ美白効果を、RFによりコラーゲン生成を促しお肌にはりを出していきます。
1回20分ほどのシミ治療時間で痛みもほとんどなく、シミ治療後もすぐにお化粧できます。

1回でシミを取りたい方は、Q-YAGレーザーでシミ治療を行います。

また、スーパーオーロラ(SR・SRA)でシミ治療の効果のない方や、よりシミに反応させたい方や、他院にてシミ治療の効果のない方にはフォトソールやe-ライトでのシミ治療を行います。

フォトソールでは(420〜560nm)+最大パワー(70j)のRFエネルギーによりオーダーメイド照射が可能です。
フォトソールにはシミ用の特別な設定があり、お客様のシミの状態によって、照射を行えることが利点のシミ治療です。
e-プラスでは、フォトRF(オーロラ)の最新機種で、シミに効果的です。

施術例 老人性色素斑(日光黒子)施術例 老人性色素斑(日光黒子)

肝斑は、アジア人に多くみられ、生理前に濃くなって生理が終わると薄くなる不鮮明なシミです。代表的な肝斑は、両頬にあることが多いですが、額や鼻下も濃くなったりすることがあります。
当院の肝斑治療は、13年前よりe-YAGレーザーのトップハットのレーザーピーリングで治療します。
トランサミンやトランシーノで効果のない方や、レーザートーニングで効果のない重症型の肝斑もレーザーピーリングで約9割が改善します。肝斑によっては、レーザー治療や治療経験の少ない治療者によるIPLでは逆に肝斑を濃くしてしまいます。
当院の総院長は肝斑治療の先駆者として知られ、レーザーピーリングによる治療をアジアで最も多く行っております。また、指導医としてアジアでの講演活動や、 日本のドクターにも指導しています。
他院のレーザートーニングで効果のない方や、トランサミンを飲んでも肝斑が薄くならない方も、総院長のレーザーピーリングで約9割の方の肝斑が薄くなっています。
それでも肝斑が改善しない方には水光注射で肝斑を薄くしています。

施術例 肝斑(かんぱん)

炎症性色素沈着とは、キズ、火傷などの炎症のあとにできる色素沈着です。
炎症性色素沈着はトライビームで、黒い超微粒子カーボンを顔全体に塗り、レーザーピーリングで皮膚の表皮を削ったり、カーボンを燃やすことによって、皮膚に熱が入り皮膚の再生を促し、炎症・色素沈着を改善していきます。

炎症性の色素沈着が2〜3か月で落ち着いて安定すれば、IPL(インテンスパルスライト)とレーザーピーリングのコンビネーション治療で炎症性色素沈着を早く改善します。

施術例  ニキビ跡による炎症性色素沈着

雀斑(そばかす/ソバカス)とは、両頬や鼻の上にある茶色の小さな斑点のことです。
若年性の場合、表皮性のものが多く、遅発性の場合は真皮性のものが多くみられます。
雀斑(そばかす/ソバカス)は、主にスーパーオーロラ(SR・SRA)での光治療を行います。治療用のジェルを塗り、IPL(インテンスパルスライト)とRF(高周波)を照射していきます。IPLによりシミに反応させ美白効果を、RFによりコラーゲン生成を促しお肌にはりを出していきます。1回20分ほどの治療時間で痛みもほとんどなく、治療後もすぐにお化粧できます。

また、スーパーオーロラで効果のない方、よりシミに反応させたい方、他院にて効果がなかった方には日本でも数少ないフォトソールでの治療を行います。

フォトソールでは(420〜560nm)+最大パワーのRFエネルギーによりオーダーメイド照射が可能です。
フォトソールにはソバカス用の特別な設定がありお客様の肌の状態によって、照射を行えることが利点です。

施術例 そばかす施術例 そばかす

よくあるご質問

1回の施術で、シミを取ることができますか?
シミ光治療は、1回の施術で全部取れることはありません。
月1回のペースで、大体3回〜5回程度の施術を受けていただくとかなり目立たなくなります。
1回でシミを取るには、シミ光治療よりレーザー治療をおすすめします。
シミ光治療後は、シミ治療跡に絆創膏を貼らないとダメですか?
強いレーザーではなく、徐々にシミを薄くしていくシミ治療になりますので、
絆創膏を貼る必要はありません。
シミ光治療はどれくらいでシミが浮いてきますか?
当日〜翌日にかさぶたのようなものができ、大体1週間ほどで取れてシミが薄くなっていきます。